記事詳細

【薬ものがたり】風邪症状によく効く家庭の常備薬 『新ルルAゴールドDX』(第一三共ヘルスケア)

 風邪のシーズン。コロナ感染予防で、マスク、手洗いなどをこまめに行っても「のどがちょっと痛い」など、風邪の症状に見舞われることはある。そんな風邪症状によく効く家庭の常備薬として、総合感冒薬「新ルルAゴールドDX」(指定第2類医薬品)が、多くの人々から支持されている。

 「約70年前に発売された『ルル』は、当時珍しく複数の成分を含有した錠剤で、その革新性から家庭の常備薬として一気に普及しました。その流れを踏襲し、のどの痛み、発熱、鼻水、せきなど、風邪の11症状に優れた効果を発揮する処方を追求しています」(第一三共ヘルスケア)

 「ルル」の発売は1951年。以来、家庭の常備薬として処方強化を重ねてきた。一方、咳や発熱などの症状別シリーズの「ルルアタック」も2009年から展開。消費者ニーズに合わせてラインアップを揃えた。

 常備薬タイプの「新ルルAゴールドDX」の発売は2011年。瓶入りだが、「お客さま相談室」に「小分けにして持ち歩きたい」といった要望の声が寄せられた。

 「外出先にも錠剤を持ち歩きたいとのお声を多くいただきまして、3錠ごとに切り離せ、携帯に便利なPTPシートタイプも発売しました」

 15年からCMキャラクターを務める女優、有村架純さんのCMも好評という。年末年始は、常備薬で風邪にも万全の備えを。

関連ニュース