記事詳細

【グルメ東西自慢】黄金の衣まとう「大阪の味」 東京・上野「串かつ でんがな 上野店」 宵の一杯を日本のワインで 大阪・松屋町「日本ワインとおつまみ きまま酒店」 (1/2ページ)

 関西発祥とされる「串かつ」を、東京で広く知らしめたのが、首都圏で約70店舗を展開しているこちら。

 その上野店を訪ねた。人気の秘密は衣にあるという。山芋を使った黄金レシピの衣をまとい、オランダ産の高級ラードで揚げる串かつは、外はカリッと、中はもっちり、オリジナルソースとの相性も抜群で、何本でも食べられるし、何本食べても胃がもたれない。冷めてもおいしいので、テークアウトにもおすすめだ。

 場所はアメ横センタービルのすぐ近く。買い物ついでのちょっと一杯にも最適だ。初めてなら肉も野菜もそろった「8本セット」(写真、1000円=税込、以下同)を。5本は640円、10本は1250円。他に肉だけ、野菜だけ、海鮮だけ、季節ものなどセットの種類が多くて頼みやすい。

 一通り食べたら、名物「牛串」や大阪らしい「紅生姜」(ともに130円)などをお好みで。大阪名物「どて焼き」(1本150円)も串で食べられるのはうれしい。串ものだけでなく、「かりかり鶏皮ポン酢」や「牛もつ塩煮込み」(ともに400円)などつまみも充実。飲み物はどでかジョッキで盛大にいこう。そして〆に「牛肉吸い」(530円)をすすれば、完璧な大阪コースだ。今なら公式アプリのダウンロードで各種サービスを受けられる。

 ■東京都台東区上野4の9の6ナガフジビル1F 03・5807・3900。営業12~23・30(蔓延防止措置による変更あり)。無休。

関連ニュース