記事詳細

【グルメ東西自慢】都電見ながら一杯どう? 東京・荒川区「たこ焼 上木家 町屋店」 ご飯が見えない中落ち丼 大阪・新福島「生マグロ直売所 中筋水産」 (2/2ページ)

 

 JR東西線新福島駅から徒歩すぐの場所にある生マグロ丼の専門店。

 日本一の生マグロの水揚げ量を誇る和歌山・那智勝浦にある会社の直営ということもあり、良質なマグロがお得に味わえると評判だ。

 使用するのは、生マグロだけというこだわりよう。勝浦港で競り落とされてすぐに発送され、その日のうちに店舗へ届くので、鮮度は抜群だ。

 特筆すべきは、冷凍されていないからこそ楽しめる独特の食感。鮮度のよさを感じさせる桃色の身は、脂がしっかりと乗り、モチっとした食感と独特の甘みが楽しめる。

 一番人気は、「中落ち丼」(写真、みそ汁付きで800円=税込、以下同)。新型コロナウイルス以前は、中落ちの盛り放題で話題だったが、現在は形を変えて実施中。ご飯が隠れるほど大量の中落ちがトッピングされており、食べ応えは申し分なし。座席に置かれたしょうゆやタレは自家製で、勝浦産のものを使用するといった点も見逃せない。

 「中落ちとシラス丼」(900円)のほかにも、仕入れ次第で限定メニューが登場するので、足しげく通いたい。

 イートイン以外に物販スペースも用意している。中落ちのほか、脳天などの希少部位にお目にかかれることもあり、物販目当ての常連も多い。

 通し営業なので、ランチ難民になった際にも重宝すること間違いなし。絶品マグロを求めて新福島へ足を伸ばしてみてはいかがだろう。

  ■大阪市福島区福島2の10の22。06・6147・2232。11~18(物販は9・30~18・30)。日・祝休。

関連ニュース