記事詳細

【教えて!愛先生の食薬習慣】「なんとなく不調」は放置しない! ファイトケミカルで慢性炎症改善 (3/3ページ)

 慢性炎症の予防としてはアルコールや甘い物、たばこ、小麦製品を控えることはもちろん必要ですが、いつもの料理をスパイスや香味野菜で味変して対策をとることをおすすめします。

 ■デザイナーフーズ・ピラミッドとは 野菜や果物を中心とした食事が、がん予防に期待できることを突き止めた米国立がん研究所が、1990年に約40種類の食品を発表。重要度が高いものを頂点にピラミッド型に食品を並べ、こう呼んでいる。頂上付近には、ニンニク、キャベツ、大豆、ニンジン、ショウガ、セロリなどがある。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ。秋田県出身。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師、国際中医師、漢方カウンセラー。商品開発や企業コンサルティングに携わる。7万部突破のベストセラーシリーズの最新刊『体がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が発売中。

関連ニュース