記事詳細

【週末、山へ行こう】山々の眺望に御利益いただく 身延山(山梨県) 標高1153メートル (2/2ページ)

 北側展望台では色とりどりのツツジが出迎えてくれた。目の前に山々が連なっている。大きなパノラマ写真の看板があり、見えている山の名前が分かるのがありがたい。雪をかぶった南アルプスの山々、遠くに見える八ケ岳、奥秩父の山々。頑張って登ってきて、とびきりの御利益をいただいたような気持ちになったのだった。

*  *  *

 ■登山にあたっては、お住まいの地域の状況を考慮したうえで、入山可能か(入山自粛要請が出ていないか)を現地のサイトなどでご確認ください。歩行時には他の登山者との間隔をあける、公共交通機関乗車時や施設入館時のマスク着用など、新型コロナウイルス感染予防を心がけましょう。

 身延山おすすめルート身延山バス停…身延山久遠寺…東コース…奥の院…北側展望台…ロープウエー山頂駅歩行時間 約2時間30分/難易度★(最高難易度★★★★★)

 ■コースガイド 身延山バス停から東コースを登って山頂へ。身延山久遠寺へ向かう石段は巻き道もある。東コースはコンクリート舗装の道が多く歩きやすい。北側展望台に山頂の看板がある。山頂からは身延山ロープウエーで山麓へ下り、バス停に戻る。

 ■おすすめシーズン 1年を通じて歩くことができ、新緑は4月下旬~5月、紅葉は10月。久遠寺のしだれ桜の見頃は4月上旬。冬は多少の積雪がある。

 ■西野淑子(にしの・としこ) オールラウンドに山を楽しむライター。日本山岳ガイド協会認定登山ガイド。著書に「東京近郊ゆる登山」(実業之日本社)、「山歩きスタートブック」(技術評論社)など。NHK文化センター「東京近郊ゆる登山講座」講師。

関連ニュース