記事詳細

【中原英臣 あの医療情報ウソ?ホント!】インド株と英国株変異は短時間で広がる ベトナム株は空気感染の可能性あり (2/2ページ)

 さらに新たな変異株がベトナムで発生しました。インド株に英国株の変異が合わさった変異株がベトナムで見つかったのです。この変異株は感染力が強いだけでなく短時間で空気中に広がるので空気感染する可能性があります。

 政府は英国株とインド株では水際作戦に失敗しました。インドからの入国者の隔離も3日、6日、10日と小出しに厳しくしてきましたが、本当なら14日の隔離が必要だったと思われます。

 政府にはベトナム株に対し、いますぐにでも14日の隔離という厳しい水際対策を行うことを期待します。

関連ニュース