記事詳細

【食と健康 ホントの話】オメガ3系脂肪酸とオリーブ油で動脈硬化予防 (1/2ページ)

 「炎症」は、ウイルスや細菌、がんなどの外敵をやっつけ、体を守るための免疫による働きだが、行き過ぎると守るべき自分の体も攻撃してしまう。新型コロナで重篤な肺炎を起こしてしまうのも、免疫の行き過ぎ(サイトカインストーム)によることがわかっている。

 そこで近年は、オメガ3(n-3)系脂肪酸の食用油を摂ることが推奨されている。EPAやDHAなどの魚油や、アマニ油、えごま油などだ。理由は、現代の食事で多く摂取しがちなオメガ6(n-6)系脂肪酸(サラダ油、大豆油など)が、免疫の働きである炎症を促進する作用があり、それを抑制する働きがオメガ3系脂肪酸にあるためだ。

 先日開催された「オリーブオイル健康ラボ」主催オンラインセミナーで、循環器専門医で食用油に詳しい池谷医院(東京都あきる野市)の池谷敏郎院長は、オメガ3系と6系の脂肪酸のバランスを調整するために、オリーブ油を使うことを推奨している。

 「市販の総菜や外食の多くに、オメガ6系の食用油が使われていることが多いのですが、この油にはリノール酸が多く含まれています。リノール酸は体内で代謝されて、アラキドン酸になります。実はこのアラキドン酸(AA)が動脈硬化に深く関わってきます」

 体内にAAが過剰に増える、つまりオメガ6系脂肪酸を多く摂りすぎると、炎症が促進され、動脈硬化が起こりやすくなる。逆にEPA、つまりオメガ3系脂肪酸を必要量摂ると、炎症が抑制され、動脈硬化が起こりにくくなる。AAを増やさずにEPAとのバランスをよくするために、池谷医師はリノール酸を含まないオリーブ油を勧めている。

関連ニュース