記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】京都・鳳舞系の「からし鶏」 ウマ味と酸味、少し後から辛味 (2/2ページ)

 限られた店でしか味わうことのできないからし鶏を出す店はいつも繁盛している。

 例えば予約のできない「鳳飛(ほうひ)」(京都・紫野)なら行列必至。一度で注文を済ませられるよう、予習をしておこう。

 僕が2人で訪れるなら、ビールに、からし鶏に餃子、春巻に何かしらの中華そばといったところか。チャーシュー麺も旨いが、からしそばなど他の麺を頼んでチャーシューをお土産にする手もある。ああ、クワイ入りの焼売も捨てがたい。

 繁盛店なればこそ、注文は一発で決めきりたい。訪れる前の妄想時間すら楽しすぎる京都中華の名店たち。ご常連はもちろん、初めて訪れる方さえも羨ましい。

 ■松浦達也(まつうら・たつや) 編集者/ライター。レシピから外食まで肉事情に詳しく、専門誌での執筆やテレビなどで活躍。「東京最高のレストラン」(ぴあ刊)審査員。

関連ニュース