記事詳細

【グルメ東西自慢】種類豊富な“あて巻き” 東京・三軒茶屋「寿司とワインサンチャモニカ」 大人志向のシーフード 大阪・瓦町「シェリーカレー」 (1/2ページ)

 東急田園都市線・世田谷線三軒茶屋駅北口A出口から徒歩1分。本格的な江戸前寿司をはじめ、自由な発想から生まれた変わり種や創作的なつまみが充実。店にはワインソムリエと酒ディプロマ(日本酒・焼酎のソムリエ)がいて、酒とのマリアージュも楽しめる。

 看板メニューは「まぐろ三重奏」(399円=税込、以下同、写真手前)。本マグロの赤身は漬けに、中トロは炙り、大トロはそのままで3種類のマグロをぜい沢に重ねたにぎり。絶妙な塩加減で人気なのが「いくらの海苔佃煮」(249円、同左)と、あて巻き「マスカルポーネ酒盗巻き」(499円、同右)。ソムリエがセレクトした自然派ワインを中心にグラス(499円~)で10種類、ボトルで40種類をラインアップ。

 職人技が光るにぎりが1貫99円~499円。つまみに合う“あて巻き”は15種類あり、249円~699円で用意。サイドメニューは、「京丹波ポークの角煮」など種類豊富に取りそろえている。コースも2種類あり、15品4000円と17品5000円。あらかじめ、料理とペアリングした酒がメニュー表に明記されているので、ワインや日本酒の初心者にも安心だ。

 寿司をつまみながらでも良し、居酒屋のように料理と酒だけを楽しむも良し。その日の気分で、気軽に利用できるのが魅力だ。

 ■東京都世田谷区太子堂4の23の11 GEMS三軒茶屋B1F。03・6805・2998。営業12~15、17~LO22。不定休。※休業日や営業時間は要確認。

関連ニュース