記事詳細

【ここまで進んだ最新治療】再注目されるがんの温熱療法「ハイパーサーミア」 がん細胞の温度だけが急上昇して死滅 (1/2ページ)

 がん患者の体を二極の電極盤で挟み、その間に高周波(ラジオ波)を流すことで、がんのある部分の温度を上昇させる「ハイパーサーミア(温熱療法)」。近年、進歩する抗がん剤治療や放射線治療などの標準治療の治療効果を、さらに高める集学的治療の1つとして再注目されている。

 がんの温度を上昇させることで、どのような効果があるのか。年間延べ2000件以上のハイパーサーミアを併用した治療を行っている戸畑共立病院・がん治療センター(北九州市)の今田肇センター長=顔写真=が説明する。

 「人の細胞は42・5度以上に温度が上がると死んでしまいます。その原理を利用して、がん細胞の温度だけを選択的に上昇させてがんを死滅させるのがハイパーサーミアの仕組みです。一般的には放射線治療や抗がん剤治療と併用して行われますが、がんが体表に近く十分に加温できる表在性がんでは単独でも効果が期待できます」

 患者は加温する部分の服を脱ぎ、ハイパーサーミアの装置の上に寝て、1回40~60分かけて加温する。電極盤で挟まれている部分は、がん組織だけでなく正常組織もある。しかし、正常な細胞は死ぬことはない。正常組織は加温しても周囲の血管が拡張して血流が増え、熱を外に逃がすように働くからだ。

関連ニュース