記事詳細

【カワノアユミの盛り場より愛を込めて】世界で広がる娯楽用大麻の合法化とタイで出会ったマリフアナ中毒・亀ちゃんの思い出 (2/2ページ)

 タイのキャバクラ退店後は会うことはなかったが数年後、突然亀ちゃんから連絡があった。亀ちゃんはすでに帰国しており最近は大麻以外にもコカインにハマっているという。捕まらないように、と冗談ぽく伝えたがそれが彼と交わした最期の言葉となった。

 2年前、亀ちゃんが自殺したことを人づてに聞いた。薬物による鬱状態にあったらしい。タイの大麻解禁の続報を目にする度にトイレで幸せそうに大麻を吹かす亀ちゃんを思い出すのだ。

 ■カワノアユミ 20代を歌舞伎町と海外夜遊びで過ごす元底辺キャバ嬢。現在は国内外の夜の街を取材。著書に、アジア5カ国の日本人キャバクラで9カ月間潜入就職した『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)https://www.amazon.co.jp/dp/4781616550。

関連ニュース