記事詳細

【今から始めよう!70代まで働く健康術】認知症と関係する高齢者の糖尿病 早期の肥満解消で予防を (1/2ページ)

 食生活の乱れに伴う2型糖尿病は、65歳以上の高齢になると認知機能の低下や日常生活動作(ADL)の低下に伴い、死亡リスクが上がる。早期段階で予防するには、中年期から血糖コントロールのための食生活の見直しが欠かせない。

 「糖尿病と認知症には深い関係があり、それを後押しするのが中年期の肥満です。ぜひとも今のうちに改善していただきたい。高血糖を放置せず、きちんと医療機関を受診することも重要です」

 こう話すのは、東京都健康長寿医療センターの荒木厚副院長(内科総括部長兼務)=顔写真。高齢者糖尿病診療と研究に長年尽力し、今年5月、高齢者糖尿病の新しいエビデンスを論文発表した。高齢患者の血糖コントロールの難しさを熟知しているだけに、荒木副院長は、中年期からの改善を強く推奨している。

 「肥満による内臓脂肪は、血糖値を下げるホルモンのインスリンの効き(インスリン抵抗性)を悪くします。インスリンを出す膵臓のβ細胞も疲弊させるために、2型糖尿病を引き起こし、さらに将来の認知症にもつながっていくのです」

 BMI(体格指数=体重kg÷身長m2乗)で「25」以上は肥満とされる。「24・5」でも、高血糖状態が続いているならば体重をもっと落とした方がいいだろう。だが、容易なことではない。厚労省の2019年「国民健康・栄養調査」によれば、食生活改善の意思について、BMI25以上の男性の約14%は「改善することに関心がない」、25%が「関心はあるが改善するつもりはない」と回答していた。「仕事が忙しい」など理由は人それぞれだ。

関連ニュース