記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】同じ食材でも作り手によって運命が… 「ロメインのオリーブオイル炒め」 (1/2ページ)

 みなさん、ご機嫌いかがお過ごしですか? 青島美幸です。

 今回の一品は「ロメインのオリーブオイル炒め」。

 本来、ロメインと言えば「シーザーサラダ」ですよね。

 私には「シーザーサラダ」のドレッシングを作るだけの力量がないのでロメインを手に入れるともっぱら単にロメインだけを炒めるのみです。

 ちょっと前までのロメインは高級食材として君臨していましたが、最近はどこのスーパーでも売られるようになって、今ではあのロメインもレタスと同じような扱いとなり、蒸されたり、炒められたりしています。

 でもよそのお宅ではベーコンを入れたりハムを入れたりと工夫してもらっているようですね。

 同じロメインでも作り手によって運命が違うものです。

 私の手にかかったロメインは単に炒められるだけでごめんなさい。そりゃ、単に炒めるだけよりいろいろ添えたほうがおいしいに決まっていますよね。カニを入れれば中華風になるし、コンビーフを入れれば洋風にもなる。私に料理のセンスがないばっかりに哀れなロメイン。

 私が反省していると母が、「パパの血を継げばよかったのに私に似ちゃったのよね、可哀想に。私も本当にノーアイデアなのよね。子供の頃からそうだった。絵を描く授業があった時も先生の似顔絵を描けってクレヨンを渡されたって、絵なんてどう描いたらいいかのわからないから、すでに書き始めている周りをあっちこっち見ているうちに見よう見まねで書けちゃって」。

関連ニュース