記事詳細

【ドクター和のニッポン臨終図巻】中日投手・木下雄介さん 厚労省HP副反応報告に本人らしき「匿名事例」が (1/2ページ)

 8月7日の東京五輪・野球決勝。侍ジャパンが米国を破り、37年ぶりに優勝しましたね。表彰式で選手たちが、隣の選手からリレーのように金メダルを首にかけてもらう場面。大野雄大投手(中日)は、そのメダルを左手に持つと天に掲げるようにして、空を見上げました。後輩である木下投手に見せたかったからだといいます。

 「彼に最後に会ったのは残留練習。その時に、〈大野さん、金メダル獲ったら見せてください〉と約束していたので、あいつに報告できたので良かった」

 2016年10月に、中日から育成選手枠1位指名を獲得、これからを期待されていた木下雄介投手が、8月3日に亡くなりました。享年27。正式な死因の発表はありません。

 しかし僕のところには、複数の雑誌記者さんから、「木下投手は6月28日にコロナワクチンを打っています。その8日後に倒れて重篤な状態でした。ワクチン接種と関係ありますか?」という質問が立て続けにありました。僕は直接、木下選手を診たことがないので「わかりません」としか言いようがありません。

 わが国の心疾患による年間死亡者数は20万人以上。若い人がスポーツ中に心臓突然死するケースも少なくはありません。

 そして、木下投手の死とワクチンとの因果関係は不明と中日球団が発表しています。

関連ニュース