記事詳細

【テストステロンを増やす↑堀江メソッド 筋トレ&生活習慣】まずは亜鉛不足解消、コレステロールも重要 (2/2ページ)

 鶏卵、いくら、キャビアなどの卵巣やレバーなどはタンパク質が多くコレステロールも高い食べ物ですので、しっかりと食べていきましょう。

 亜鉛不足は抜け毛や勃起不全など、男性にとって避けたい症状の原因となります。それ以外にも重要な栄養素は数多くあるので、自分に足りないものを調べ、食習慣を見直してみましょう。

 【一般社団法人1UP学会】

 男性医療に関する最新医療技術や情報の啓発・広報活動を行う医療専門団体。テストステロン補充療法による専門外来を日比谷国際クリニック(東京都千代田区)で実施している。

 【協力】日比谷国際クリニック(東京都千代田区)=http://www.hibiyakokusai.or.jp/

 ■堀江メソッド

 動脈硬化の原因として悪名高いコレステロールですが、近年、コレステロール値がむしろ低くない人ほど長生きする傾向にあることが分かってきました。亜鉛については貝類を食べることが少なくなり、40歳以上の少なくとも半数は亜鉛欠乏に近い状態と言われています。サプリメントなどの補助食品も使って元気な体を手に入れましょう。

 ■監修・堀江重郎 順天堂大学大学院教授(泌尿器外科学)。東京大学医学部卒。日本抗加齢医学会と日本メンズヘルス医学会の理事長を兼務。日米の医師免許を持ち、がん治療から男性医療まで臨床経験も豊富。主著に『ホルモン力が人生を変える』(小学館)など。

 ■亜鉛が豊富に含まれている食べ物

 魚介類 かき、しらす干し、真サバ、真あじ

 肉類 豚レバー

 藻類 わかめ 

 野菜類 切り干し大根、枝豆、タケノコ

 豆類 納豆

 種類 かぼちゃ種、煎りゴマ、アーモンド

 乳製品 プロセスチーズ 卵 卵黄

関連ニュース