記事詳細

膝の痛みに悩む人に朗報、話題の再生医療 BTRアーツ銀座クリニック市橋正光院長に聞く(2) (2/3ページ)

 ではどのように幹細胞を取り出すのだろうか。「お腹を7ミリ程切開し米粒2つ分ほどの脂肪を採取します。特殊な工程で培養することにより脂肪の中にある幹細胞だけを取り出して増やすことができるのです。脂肪採取は15分ほどで終わり縫合も必要ないので患者さんの負担はかなり少ないと思います」気になる膝の投与方法について聞いてみた。「膝関節内へ幹細胞を直接注射します。こちらも15分ほどで終わります。注射から1~2週間は違和感や痛みがでる場合がありますが、早い人では投与から1カ月ほどで効果が現れてきます。軟骨自体が再生するので治療効果が長続きすることもこの治療のメリットといえます。新しい治療のため十分なデータはありませんが、過度に膝に負担をかけない限り長期的に効果が続くと考えられます」実際に治療を受けた患者の声を紹介しよう。

 【接客業の60代女性】接客のため立ち仕事を続けたのが原因で数年前から両膝に痛みが出現。車の運転で同じ姿勢を長く続けると痛みがでる、膝に水がたまり歩くのが辛く、階段の下りが困難となり、少しでも改善できればと再生医療を受けた。

関連ニュース