記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】本格チャーシューに挑戦 家庭で“ハレの塊肉” (2/2ページ)

 注意点があるとすれば、砂糖入りの調味液は焦げやすいので、たまに肉が焦げていないか確認することくらい。

 調味液に中華スパイスの五香粉を加えたり、日本酒を紹興酒に変えれば、即本格中華の味わいに変化する。隠し味にオイスターソースを加えれば味は深くなり、砂糖をはちみつや水飴に置き換えれば、照りと艶が増す。

 基本の調味だけでごちそうつまみを取り戻し、少しの工夫で旅気分まで味わえる。塊肉はやっぱり偉大である。

 ■松浦達也(まつうら・たつや) 編集者/ライター。レシピから外食まで肉事情に詳しく、専門誌での執筆やテレビなどで活躍。「東京最高のレストラン」(ぴあ刊)審査員。

関連ニュース