記事詳細

【コロナ禍の挑戦! 天野篤医師「魂の心臓病治療」】50代会社員、仕事でストレス 生体の摂理で心筋梗塞免れるも…冠動脈の狭窄は「重症」 バイパス手術を提示 (1/3ページ)

 前回お伝えした通り、IT企業勤務、高山浩一さん(仮名=55)は心臓の冠動脈が3本とも狭窄(きょうさく)している重度の狭心症と診断された。それでも心筋梗塞発症を免れてきたのは、ある生体の摂理が働いていた可能性がある。

 「左冠動脈の左前下行枝、左回旋枝の2本はとくに狭窄がひどく、残りの右冠動脈にも狭窄がある。ただ、その右冠動脈から新たな血行の枝が伸びており、それが他の血流を補う形となっているようです」

 順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都文京区)の心臓血管外科医、天野篤医師は高山さんに向き合い、このように説明した。血行が自力で形成される、そんなことがあるのだろうか。

 「これは側副血行と言います。すべてのケースではありませんが、心臓に血液が届かなくなる虚血状態を防ごうとして出現することがあります」(天野医師)

 高山さんが最初に胸の苦しさを訴えたのが2020年10月。地元のクリニックを受診し、心電図検査を受けたが、異常は見つからなかった。今年4月、総合病院で狭心症と初めて診断され、「冠動脈1本で100%の血流だとすると、あなたは3本の合計300%のうち、10%程度しか機能していません」と言われた。

関連ニュース