記事詳細

【食と健康 ホントの話】脳梗塞の発症リスク、ピーナツ摂取で20%減 脳卒中16%減、循環器疾患13%減との研究も (1/2ページ)

 アーモンドやクルミなどのナッツ類は、健康や美容によいことが知られている。とくに多く含まれる不飽和脂肪酸の働きによって、動脈硬化や心血管疾患に予防的であることが欧米の研究によって明らかになっている。

 ピーナツ(落花生)も、血管、心疾患への健康効果が期待できることが同様の研究でわかっている。しかし日本では「食べ過ぎると太る」「ニキビが出る」「食物アレルギーが怖い」などと他のナッツ類より劣るように言われ、「ナッツ類ではないから効果は少ない」とも思われてきた。ピーナツは厳密にはナッツ類(固い皮や殻に包まれた食用の木の実)ではなく豆類である。

 日本人のピーナツの摂取量は欧米に比べて少なく、これまでは心血管疾患との関連について研究報告はなかった。国立がん研究センターは「JPHC研究」という、日本人を対象にしたさまざまな生活習慣と、がん・2型糖尿病・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を明らかにする目的で実施されている多目的コホート研究(ある要因を持つ集団と持たない集団を追跡し、両群の疾病の罹患率や死亡率を比較)を行っている。

 国立がん研究センターなどの研究グループは、1995年と98年に、全国の9保健所管轄に在住していた45~74歳の男女7万4793人を対象に、ピーナツの摂取量と脳卒中や虚血性心疾患の発症リスクとの関連を調査。食事アンケートに回答し、循環器疾患、がんになっていなかった人たちで、2012(平成24)年まで追跡。

関連ニュース