記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】豆腐にのせてタンパク質、食物繊維を同時に摂取! 「なめこ昆布」 (2/2ページ)

 豆腐と一緒に口に含むと、なめこ昆布にしっかり味があるため、ちょうど良い味わいです。冷奴では歯応えがなく、食べた満足度が低くなることがありますが、大根やきゅうり、昆布などと組み合わせれば食感が楽しく、噛む回数が自然と増えていきます。満足度を高めるために、オリーブオイルやごま油を垂らしたり、豆腐をレンジで温めるのも良いでしょう。

 飲みや食事会が増え、胃腸が荒れたり疲れやすい時期に、昆布、なめこなどのネバネバ食材で胃腸に優しいのもうれしいポイントです。

 『セブンプレミアム 国産大豆使用 濃い絹豆腐』は3個パックで税込105円ですから、1パックあたり税込35円。なめこ昆布1パックが税込107円ですので、1皿あたり、税込142円とお手頃です。栄養価は合わせて112キロカロリー、タンパク質8.8グラム、食物繊維1.7グラムと不足しがちな栄養素もしっかりと摂取できます。塩分は1.5グラムと多めですので、しょうゆなどは追加しないようにしましょう。

 もう一品欲しいときは、「豆腐に惣菜をのせる技」をぜひお試しください。

 ■浅野まみこ(あさの・まみこ) 1975年生まれ。管理栄養士。食と健康のコンサルティング会社「エビータ」代表取締役。1万8000件以上の栄養相談の経験を元に「『コンビニ食・外食』で健康になる方法」(草思社)を著し、企業のコンサルティング、テレビ出演、講演活動を行う。

関連ニュース