東京五輪で女子バスケ率いて「銀」のホーバス氏、男子監督に就任 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

東京五輪で女子バスケ率いて「銀」のホーバス氏、男子監督に就任

 日本バスケットボール協会は21日、東京五輪で銀メダルに輝いた女子日本代表を率いたトム・ホーバス氏(54)が男子代表の新監督に就くと発表した。女子代表監督には同代表コーチだった恩塚亨氏(42)が就任し、男子を率いたフリオ・ラマス氏(57)は退任する。

 米国出身のホーバス氏は2017年に就任し、19年アジア・カップで4連覇。豊富な運動量をベースに、3点シュートを多投するなど独自の戦術を確立し、東京五輪では男女通じて初のメダル獲得に貢献した。恩塚氏は女子の東京医療保健大を全日本大学選手権4連覇に導いた実績を持つ。

 アルゼンチン出身のラマス氏も17年就任。19年ワールドカップ(W杯)や東京五輪の出場を果たすなど低迷脱出への道筋をつけたが、W杯は5戦全敗、五輪も3戦全敗に終わっていた。自身のツイッターで「4年間の旅は終わりを迎えた。私にとって素晴らしい経験だった」と記し、渡辺雄太(ラプターズ)は「コーチラマス(ラマス監督)が来て日本代表は確実に変わりました。本当に感謝」とツイートした。

関連ニュース

アクセスランキング

×