【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】「ヘッドアップせずに頭を残せ」は正しい? インパクトでの顔の向きは実は人それぞれでよい - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】「ヘッドアップせずに頭を残せ」は正しい? インパクトでの顔の向きは実は人それぞれでよい

 ゴルファーのほとんどがヘッドアップしてはいけないと思っているようですが「ヘッドアップ」の本当の意味をご存じですか。

 インパクトで左に突っ込んだり、伸び上がったりして頭が動くと、「ヘッドアップするな」といわれている人をよく見かけます。

 そのヘッドアップをしないためのレッスンも氾濫していて、最近気になるのが松山英樹選手のようにチンバックしてアゴを引いて打てというアドバイスです。

 しかし、このインパクトでの顔の向きは実は人それぞれでよいのです。ロリー・マキロイのように右に傾ける人、アニカ・ソレンスタムのようにルックアップする人など、本当は自分に合った顔の向きのままのスイングが理想で、自然にそれができるとヘッドアップはかなり軽減されます。なぜなら、頭を残せという真の意味はボールを見続けることではなく、軸の位置、すなわち「後頭部の位置を変えるな」ということだからです。

 では、後頭部の位置を変えないためにはどうすればいいのか?

 ゴルファーのほとんどが、スイングは右に重心移動した後、ダウンから一気に重心を左に移動させて身体をボールにぶつけて振り抜くと勘違いしているために、インパクトで伸び上がったり、突っ込んだりしやすく、その結果ヘッドアップといわれてしまっているのです。

 しかし、実際は、ハンマー投げでリリースするときのように、遠心力と向心力のバランスで軸回転しながら、インパクトでは右に残る感じで振り切っていくのが正解です。軸をキープするためにも、この感覚を意識しながらフィニッシュでは後頭部が尾骨の上に乗っかっている軽い逆Cの字を意識することをお勧めします。

関連ニュース

アクセスランキング

×