記事詳細

ゴーン被告逃亡を幇助…元グリーンベレー逮捕できるか?

 東京地検特捜部は30日、入管難民法違反容疑でレバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)の逮捕状を取ったほか、犯人隠避と入管難民法違反ほう助の疑いで、米陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員、マイケル・テイラー容疑者(59)ら米国籍の男3人の逮捕状も取った。日米は犯罪人引渡条約を結んでいるが、米国籍の3人を逮捕できるのか。

 ほかに逮捕状が出たのは、ジョージ・ザイエク容疑者(60)と、マイケル容疑者の息子、ピーター・テイラー容疑者(26)。ゴーン容疑者は昨年12月29日に逃亡した際、東京・六本木でマイケル、ザイエク両容疑者と合流、2人が用意した箱に入り、関西空港から出国したとされる。

 ピーター容疑者はゴーン容疑者の弁護人だった弘中惇一郎弁護士の事務所で、計4回にわたりゴーン容疑者と面会し、逃亡に関する謀議に関与した疑いが持たれている。

 レバノンに滞在するゴーン容疑者の身柄拘束は難しい状況だ。米国籍の3容疑者については日米間で犯罪人引渡条約があるが、自国民は引き渡さない原則もある。

 元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏は、「米国が積極的に協力すれば逮捕もありうるが、日本が逆の立場になった場合を考えても引き渡すのは難しいだろう。逮捕してもゴーン容疑者を引き戻すことにつながるとは考えにくく、逮捕状は事件を形に残すためではないか」との見解を示した。

関連ニュース