記事詳細

中国が東沙諸島“奪取”演習を計画!? 台湾が実効支配、太平洋進出の戦略的要衝 (2/2ページ)

 しかし、中国筋によると、最近は中国軍内で「南シナ海領有権に関心の薄い蔡政権に自主的に東沙を放棄させるよう圧力をかけるか、中国軍が東沙を占拠するか検討するべきだ」との主張が強まっているという。

 中国事情に詳しい評論家の石平氏は「新型コロナウイルス対応で成功した台湾の国際的評価が高まったのに対し、ウイルス感染を拡大させたとして世界各国から批判や損害賠償を迫られることへの習近平政権のいら立ちの表れではないか。実際に大規模演習を行えば、国際社会の警戒心はより高まるだろう。台湾が国際社会で存在感を増すことが『悪夢』と感じている可能性もある。今後、中国経済が急激に落ち込み、国内の不満が強まるのを外にそらす意味もありそうだ。台湾の蔡英文総統の就任式典が今月20日に開催される。この直前に軍事演習情報をあえて流し、台湾を恫喝(どうかつ)する意味もあるはずだ」と語っている。

関連ニュース