記事詳細

【編集局から】学術会議「任命拒否」は公安畑を歩んだ杉田官房副長官が選別した案件 いたずらに突っつくと返り血を浴びる人が出る

 夕刊フジの人気コラム「以読制毒」(10月16日付)に、日本学術会議を巡って野党側が国会招致を求めている杉田和博官房副長官(79)について、こうあった。

 「警察庁出身で公安畑を歩んだ杉田氏のスクリーニングにかかった案件(任命拒否)なら、いたずらに突っつくと返り血を浴びる人が出る可能性もあることを彼らは承知しているのか」

 杉田氏は1994年、警備局長に就任。警察庁は次長と警備局長が「長官」と「警視総監」にたすき掛けで就任するのが慣例。警察最高幹部、OBの前で「杉田を男にして下さい」と懇願したにもかかわらず、どちらにも就けなかったという逸話もある悲運の官僚だ。

 警備局には、警備企画課という警備行政を担当する表の顔と、日本の諜報機関としての“裏の顔”を持つ組織がある。裏の顔のトップは名簿から名前が消え、全国から集められた百人以上ともいわれる警察官(すべて警視以上)を指揮して防諜活動を展開する。その存在は、1985年の日本共産党幹部宅盗聴事件で初めて明らかになった。

 そして収集された情報は、内閣情報官を通じてほぼ毎日のように首相に伝えられる。この時、首相でさえメモを取ることは禁じられている。すべてを経験した杉田氏だけに、冒頭の記述は「さもありなん」なのである。(光)