記事詳細

「学問の自由は印籠か」 伊吹元衆院議長が学術会議問題に斬り込む

 政界のご意見番、自民党の伊吹文明元衆院議長が5日、二階派の会合で、日本学術会議の会員任命見送り問題で持論を披露した。学術会議側や左派野党が「学問の自由」を盾に批判を繰り返していることや、特定の政治勢力の影響力が指摘される学術会議の問題点に鋭く斬り込んだ。

 伊吹氏はまず、「『学問の自由』と言えば、水戸黄門の印籠の下にひれ伏さなくてはいけないのか。憲法は、自由は乱用してはならないと定めている」と発言した。

 さらに、学術会議の会員は特別職の国家公務員だと指摘し、「一方的に政治的な声明を出すとか、学術会議の肩書で政治的な発言をするのは自粛しないといけない」と強調した。

 任命を見送った菅義偉首相については、「心中を忖度(そんたく)すれば、政府の一組織である者には、一方的な意見公表は自重してもらいたいと。人事を含めて考えたという気持ちがあったのではないか」と語った。

関連ニュース