記事詳細

NHK「軍艦島」映像“捏造疑惑”が国会に波及! 菅氏側近、自民・和田政宗議員「描写は不自然、検証せよ」 「慰安婦大誤報」に匹敵する問題である可能性も (1/2ページ)

 「軍艦島」こと、長崎県・端島の暮らしを記録したNHKのドキュメンタリー作品「緑なき島」をめぐり、一般財団法人「産業遺産国民会議」と「真実の歴史を追求する端島島民の会」が「事実の改竄(かいざん)が行われた」と告発している問題に、新たな展開だ。元NHKアナウンサーで、自民党の和田政宗参院議員は、韓国側の「軍艦島=地獄島」という主張の元凶になっている可能性を重視し、国会内外での事実確認に言及したのだ。

 「捏造(ねつぞう)が事実なら、NHKを揺るがす大問題だ」

 和田氏は、捏造疑惑を告発する国民会議のサイト「軍艦島の真実」(https://www.gunkanjima-truth.com/)に公開されている動画を見て、こう語った。菅義偉首相の側近として知られる中堅議員だ。

 NHK総合で1955年11月17日に放送された「緑なき島」には、炭坑内で作業員が褌(ふんどし)一丁になり、キャップランプのないヘルメット姿で、這(は)いつくばるような低い坑道で作業する映像が入っていた。

 これらは、元作業員らの証言とは全く異なる。加えて、端島で強制労働や虐待があったとする韓国映画「軍艦島」の描写に酷似しており、反日プロパガンダに影響した恐れがあるのだ。

関連ニュース