記事詳細

北朝鮮が軍事パレード開催 総書記就任の正恩氏閲兵、新型SLBMも公開

 北朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)の金日成(キム・イルソン)広場で14日午後、第8回朝鮮労働党大会の記念行事として軍事パレードが行われ、総書記に就任した最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏が閲兵した。「北極星5」と書かれたミサイルを公開した。新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる。

 金正官(キム・ジョングァン)国防相が演説し、金正恩氏の命令と指示だけに従うと忠誠を強調。米国を念頭に「敵対勢力がわが国家の安全を少しでも侵害すれば最も強力で攻撃的な力を先制的に動員する」と牽制した。朝鮮中央通信は金正恩氏が同国を「世界的な核強国」にしたと称賛した。パレードには大陸間弾道ミサイル(ICBM)を運用する戦略軍も参加した。(共同)

関連ニュース