記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】バイデン新政権の“不幸中の幸い” 「インド太平洋調整官」に知日派キャンベル氏起用、尖閣や台湾などの状況も把握 (1/2ページ)

 米ワシントンで20日(現地時間)、大統領の就任式が行われ、民主党のジョー・バイデン氏が正式に大統領となった。バイデン氏には、次男のハンター氏が中国企業から巨額の資金を得た疑惑が浮上するなど、“親中”懸念がある。ただ、外交面では日本にとって朗報もある。

 それはホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)に新設するアジアを含むインド太平洋地域の政策を統括する「インド太平洋調整官」に、カート・キャンベル氏が起用されるからだ。

 キャンベル氏は、アジア重視政策が道半ばに終わったバラク・オバマ元政権下で、国務次官補(東アジア・太平洋担当)を務めた「知日派」である。米海軍横須賀基地での勤務経験もあり、2016年には著書『THE PIVOT アメリカのアジア・シフト』(邦題、日本経済新聞出版)を発表し、外交の中心をアジアに移す重要性を説いた。

 ドナルド・トランプ前政権下では同盟が軽視されたが、キャンベル氏は、在日米軍の駐留経費増額をさらに日本に求めれば、日米同盟が弱くなるとして否定的だ。ロイター通信によれば、トランプ氏の対中強硬路線の一部や北朝鮮への対応には支持を表明したとある。

 沖縄県・尖閣諸島をはじめ、台湾や南シナ海など状況を把握する人物であり、その彼がブレーンを務めることは歓迎したい。

関連ニュース