記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】韓国は国交を断絶したいのか!? 国民感情で国際法無視した慰安婦訴訟、法治国家とは思えない傲慢で危険な判決 (1/2ページ)

 韓国の元慰安婦らが日本政府を相手取り損害賠償を求めた訴訟は23日、日本政府に賠償を命じるという常軌を逸した判決のまま確定した。韓国政府は同日、「被害者と相談し、円満な解決に向けて最後まで努力する」と声明を出したが、どの口が言っているのか。あきれ返るばかりだ。

 そもそも、他国の裁判権に国家は服さないという国際法上の「主権免除の原則」を完全に無視している。さらに、日韓の財産や請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」しており、慰安婦問題は2015年の日韓合意で「最終的かつ不可逆的に解決」している。

 国際法や国家間の合意を反故(ほご)にし、国際秩序を踏みにじる韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の異常さには、恐ろしさすら感じる。

 先の米大統領選では「不正選挙だ」という議論が過熱した。そこには、ドナルド・トランプ前大統領を支持する人の感情も含まれていたが、米国憲法の下で、その言い分は退けられた。

 しかし、韓国では、「反日」という国民感情が国際法を無視してまかり通る。法治国家による判決とは到底思えず、非常に傲慢で危険だ。冷静にみても「日本にケンカを売っている」としか思えない。まさか、本気で「日韓国交断絶」をしたいのだろうか?

関連ニュース