記事詳細

自費PCR検査は危険!? 医師のいないベンチャー企業と指摘 「やりっぱなしで放置」の可能性も (2/2ページ)

 そして、『有症状者は絶対に自費PCRに行かないでください。あれはベンチャー企業です。医師がいない施設だったりするとやりっぱなしで放置されます! 有症状者は自費PCRにはいかず、都道府県の発熱相談センターに指示をもらって、最寄りの発熱外来へお越しください!』と呼びかけていました。

 関連記事:「父がコロナで亡くなりました」が話題に 感染経路は正月に実家に帰ってきた弟から まだ親に会っちゃいけない! | TABLO

 この一連のツイートが広く拡散され、ネット上では「自分で気になって自費で検査受けといて“何かの間違い”って思ったって…」といった声をはじめ、

 「酷すぎて笑ってしまう…。もはやテロ…」

 「“何かの間違いだ”と思う意味がわからない…。何のためにPCR検査したのか(しかも2回も)そのまま会食しまくることに抵抗や罪悪感はなかったのか」

 「一生懸命注意して頑張って感染予防してる人達がいても、その努力が全部無駄になって感染者が増える理由が理解出来るよね…」

 「熱落ち着いたから大丈夫って情弱にもほどがある。皆が対策してると思っちゃダメだなあ……テロリストが街中にチラホラ居ると思わないと……」

 「今時、会食する人の認識ってこんなもんなんだろうなぁ…」

 などといった声が寄せられていました。

 滅多にないことであると願いたいものですが、こうした事例が報告されるたびに、新型コロナウイルスの終息はまだまだ先の話であると痛感させられます。(文◎絹田たぬき)

 あわせて読む:これでも『コロナはただの風邪』なのか 復帰した松村邦洋が語る闘病記 「もう少し遅かったら……」 | TABLO

TABLO

関連ニュース