記事詳細

ゴーン逃亡支援で逮捕の元グリーンベレー、波乱の半生 「キャプテン・アメリカ」と呼ばれた英雄 除隊後はテロと戦う奪還作戦のプロ (1/2ページ)

 元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(66)のレバノン逃亡を手助けしたとして東京地検特捜部が逮捕したマイケル・テイラー容疑者(60)。米陸軍特殊部隊グリーンベレーと聞くと思い浮かぶのは“ランボー”だが、テイラー容疑者も世界各地で拘束者の奪還や隠密作戦を繰り返すプロの請負人だったというから“リアルランボー”のようなものか。

 実現不可能としか思えない極秘任務を次々と遂行してきたテイラー容疑者。その仕事ぶりから、「キャプテン・アメリカ」とアメリカンコミックの超人ヒーローのあだ名で呼ばれていたとも。

 1960年に生まれ、軍人の家庭に育ち、78年に米軍に入隊。169人のうち3人しか合格しなかったグリーンベレーの狭き門を突破したエリートだ。

 テイラー容疑者の弁護士によると、除隊後は民間の軍事請負業者として、麻薬取引やマネーロンダリング(資金洗浄)、テロとの戦いに従事していたという。

 米政府に雇われ、レバノンで携わった犯罪組織捜査では当時の史上最高額となる大量の大麻を押収する手柄を挙げた。