記事詳細

【親も知らない今どき入試】「東大+京大 高校別合格者増」ランク トップは西大和学園34人 公立名門校も躍進、女子合格者が増加 (1/2ページ)

 今週は、3月19日現在判明分の東大と京大の出身校別合格者数が、昨年と比べて増えている学校のランクを紹介したい。京大法学部の3月22日発表分は含んでいない。

 トップは西大和学園で東大、京大合計で139人合格し、34人の増加だった。東大が23人増、京大が11人増だ。以前は京大合格者数トップに立ったこともあるが、近年では東大合格者が増えている。昨年初めて女子の中高一貫生が卒業し実績が伸びた。今年も昨年よりさらに伸びている。

 昨年、同校から東大文Iに入学した学生は「後輩がこんなに頑張ってくれるとは思いませんでした。最近は先輩に東大合格者が増えて、東大の情報が身近になり、遠い存在ではなくなったことが大きい」という。大学別では東大は6位、京大は4位。東大と京大合格者数合計では開成に次いで初の2位になった。

 2位は日比谷だ。東大が22人増、京大が8人増だ。東大合格者が60人を超えるのは1970年の99人合格以来51年ぶりだ。3位は洛南、4位は横浜翠嵐、5位は岡崎だった。今年は東大で公立高の巻き返しが目立った。日比谷だけでなく、横浜翠嵐が13人増の50人合格となり過去最多となった。浦和・県立も13人増だ。

関連ニュース