記事詳細

逮捕のドン・ファン元妻 離婚突きつけられ調べていた「覚醒剤」「完全犯罪」 県警の念頭に「同じ和歌山で起きた毒物カレー事件が…」 (1/2ページ)

 「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん=当時(77)=に覚醒剤を摂取させて殺害したとして、殺人容疑などで逮捕された元妻、須藤早貴容疑者(25)が、野崎さんから離婚を突きつけられていたことが分かった。インターネットで覚醒剤や完全犯罪について調べ、密売人から入手していた疑いも浮上している。

 須藤容疑者は2018年2月に野崎さんと結婚した後も東京都内のマンションに居住していた。野崎さんは須藤さんに離婚を突きつけ、離婚届も保管していたという。

 須藤容疑者は事件前、覚醒剤や完全犯罪について調べていたといい、SNSで密売人と連絡を取り、田辺市内で密売人に接触し覚醒剤を入手した疑いがある。野崎さん宅の台所や掃除機からは覚醒剤が検出された。

 和歌山県警は野崎さん宅の防犯カメラ映像を解析し、死亡時に家にいたのは野崎さんと須藤容疑者だけだったと特定した。捜査関係者によると事件当日、家政婦は夕食を用意した後に外出した様子が防犯カメラの映像に記録されており、その後、第三者の出入りがないことも確認した。

 状況証拠はそろっているようにみえるが、須藤容疑者は任意の事情聴取に関与を否定している。

関連ニュース