記事詳細

ドン・ファン元妻逮捕で遺産の行方は? “10億円超”も…殺人有罪確定なら「ゼロ」に (1/2ページ)

 「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家の野崎幸助さん=当時(77)=を殺害したとして元妻の須藤早貴容疑者(25)が殺人などの疑いで逮捕されたことで、注目されるのが13億円超の遺産の行方だ。すでに訴訟沙汰になっているが、今後の捜査も取り分を左右しそうだ。

 約13億5000万円とされる遺産について2019年9月、野崎さんが全財産を田辺市に寄付するとした遺言書が見つかったとして、市が受け取る方針を明らかにした。

 弁護士の高橋裕樹氏は「相続人ではない第三者に全額を相続するという遺言でも、妻、子供、親には『遺留分侵害請求権』が認められている。野崎さんのケースでは請求権を認められるのは須藤容疑者のみで、田辺市と半分ずつ相続することになる」と解説する。須藤容疑者には6億7500万円が入る計算だ。

 これに対し、野崎さんの兄ら親族4人は昨年5月、遺言書の無効確認を求めて提訴。訴状によると遺言はコピー用紙1枚に赤ペンで手書きされたもので、熟慮の末に作成したとは考えにくいとしている。無効が認められた場合、「元の法定相続に従って遺産が分配され、親族側は4分の1、残りの4分の3は須藤容疑者に相続される」と高橋氏。須藤容疑者の相続分は10億円を上回る。

関連ニュース