記事詳細

人間が跡形もなく…米国にバレている金正恩氏の残虐行為 (1/2ページ)

 北朝鮮外務省は2日、報道官談話を発表し、米国務省が北朝鮮の人権状況を批判したのは金正恩総書記に対する「冒涜(ぼうとく)」だとして強く反発した。

 米国務省のプライス報道官は先月28日、韓国で脱北者や複数の民間団体が北朝鮮の人権状況を広く知らせるために毎年行っている「北朝鮮自由週間」に合わせて声明を発表。北朝鮮が新型コロナウイルス対策として中朝国境の無断侵入者を射殺するよう命じたことに「驚愕している」としながら、北朝鮮当局による人権侵害について「金正恩体制に説明責任を果たすよう求め続ける」と述べている。

 北朝鮮にとってこの声明は、二重、三重に腹立たしいものに違いない。まず、金正恩氏は人権侵害で追及を受けることを最も嫌う。北朝鮮にとって核開発は、条件次第では一時停止したり放棄したりできるものだ。そうすれば国際社会から、大なり小なりの対価を期待できる。しかし人権問題はそうはいかない。今すぐに政治犯収容所を閉鎖しても、そこですでに行われた残虐行為の責任はなくならないからだ。

 また、金正恩氏は国内での新型コロナの感染拡大を抑え込んだとして、それを自らの業績のひとつにしている。それを、米国務省の声明は全否定した形だ。プライス氏が、北朝鮮の「人命無視」のコロナ対策に驚愕するのは当然のことだが、同国の人権問題ではもっと驚愕すべきことがたくさんある。

 例えば、人体が原型をとどめないほど残虐な方法を用いる「金正恩式」の処刑は、その状況が衛星写真に撮られており、すでにバイデン政権の担当者たちも目にしていることだろう。

 2014年10月、平壌に近い姜健(カンゴン)総合軍官学校を撮影した民間衛星の写真を見ると、広場に何らかの物体10個が一列に並べられている。それに向かって6基の高射銃が並べられていて、その後ろには、射撃の様子を観察するためと見られる場所が設けられている。

 (参考記事:【写真】玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…

デイリーNKジャパン

関連ニュース

関連ニュース