記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】共産党+立民、実現すれば「国民への侮辱」 立憲民主とは名ばかり、日本を分裂・破壊しかねない政党 今後の枝野氏の発言に注目 (1/3ページ)

 共産党の志位和夫委員長は15日、東京都内で講演し、次期衆院選を見据え、立憲民主党との選挙協力には、「野党連合政権」樹立に合意するのが条件だと強調したと、共同通信が同日配信した。この記事を読んで、背筋が凍りそうな思いを抱くのは私だけではないだろう。

 「日米安保条約の廃棄」「自衛隊の解消」「日本社会が必要としている変革は、民主主義革命」

 これらは2020年1月18日に改定された共産党綱領に明記され、党のホームページにも掲載されている。

 東アジアの平和と安全が、軍事的覇権拡大を進める中国によって脅かされているのに、日米同盟や自衛隊をなくして、革命を本気で目指しているのだ。沖縄県・尖閣諸島や台湾に野心を持つ中国が歓喜するだけだ。そこに平和はないと断言しておきたい。

 しんぶん赤旗を読むと、志位氏は先の講演で、野党連合政権について、「閣内協力か、閣外協力かは、どちらもあり得る」と語っていた。もし閣内協力となって、防衛相や文科相に共産党員が付けば、日本の将来がどのようになるかは読者の方々なら簡単に想像できるだろう。

関連ニュース