記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】文政権が自画自賛のコロナワクチンめぐる「Kバイオ」とは“瓶詰め作業”!? “空念仏”バレバレ…自嘲的に語られる「K-」の悲しき実態 (1/3ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領にとって、ジョー・バイデン米大統領との米韓首脳会談(21日)は、「米国の北朝鮮政策修正」でも、「新型コロナウイルスワクチンの確保」でも特筆した成果を挙げられず、事実上の失敗で終わった。国内向けにはワクチンの委託生産契約を「Kバイオ」などと吹聴して自画自賛しているが、実態は「瓶詰め、ラベル貼り作業」だという。残り任期が1年を切り、「レームダック(死に体)化」が指摘される文氏。隣国の悲しき「K-」の実態を、ジャーナリストの室谷克実氏が考察する。

 ◇

 韓国人は、自慢すべきと考える韓国の事象に「K-」を付けたがる。おそらく「Kポップ」が始まりだが、やたらに増えたのは文政権になってからだ。文政権の手柄に「K-」を付けて呼ぶことで、韓国人に根深い愛国主義心情を刺激する意図が働いているようだ。

 しかし、日がたつにつれ、失敗した政策であることが明らかになったり、空念仏に過ぎないことがバレバレになったり…で、韓国人の中にも、自嘲の意味を込めて「K-」を語る雰囲気が出てきたようだ。

関連ニュース