記事詳細

文大統領、日米韓首脳会談「拒否」していた! 「米韓会談が埋もれる…」合流打診も韓国側難色

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日米韓首脳会談を「拒否」していたことが分かった。ジョー・バイデン米政権が5月21日の米韓首脳会談に、菅義偉首相を合流させることを計画し、日韓両政府に打診したが、文大統領側が難色を示したというのだ。

 共同通信が3日に配信した記事によると、バイデン政権は、日米首脳会談(4月16日)を終えて間もない4月下旬、菅首相の再訪米を日本政府に打診したという。米韓首脳会談に菅首相を合流させる計画だった。

 このプランに対し、文大統領側が「米韓首脳会談が(日米韓首脳会談に)埋もれてしまう」と強く難色を示し、見送られたという。

 バイデン政権としては、冷却化している日韓関係を改善する契機をつくり、台湾問題などをめぐる日米韓の連携をアピールすることで「中国包囲網」形成を進め、牽制(けんせい)を強める狙いもあったとみられる。

 日本側は、バイデン政権の再訪米打診を基本的に受け入れる方針だったようだ。

 日米韓当局は、英国で11日から開催される先進7カ国(G7)首脳会談に合わせた日米韓首脳会談で調整しているが、これも米国が主導しているという。

 文政権下では、国会議長(当時)による天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求や、韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射事件、いわゆる「元徴用工」訴訟をめぐる異常判決など、「反日」暴挙が繰り返されてきた。韓国側から、どんな解決策が提案されるか注目だ。