記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】外国人の78%「韓国に好感」は本当なのか? 中央日報のみ報道、調査対象は「韓流同好会」会員のお手盛り調査か (1/2ページ)

 「嫌いな国はどこか」を問う世界的な調査を見れば、大体のところ、韓国は上位に入っている。韓国政府の「偉そう」な、しかし中身のない対外言動。韓国企業や韓国人が非白人世界で見せる拝金的な優越姿勢といった実態を知れば知るほど、それも「当然の結果」だ。

 と思っていたら、驚くべき記事を見た。韓国紙・中央日報(2021年6月6日)に載った「外国人の78%が『韓国に好感』」という見出しの記事だ。

 「『韓』数字なんて信じちゃいけない」と一刀両断にする日本のウオッチャーもいるだろうが、こんな数値がどうして出てきたのか、背景を探ってみよう。

 中央日報の記事は、「文化体育観光省の海外文化広報院が昨年7~8月に16カ国の8000人を対象に韓国のイメージを調査した結果だ」と冒頭に述べている。中央省庁の名前があれば、記事への信頼性が高まる。

 しかし、どういうサンプリング手法で8000人が選定されたのか、どういう調査方式で実施したのか、回答率は何%だったのか-調査に関する基礎的な部分が、この記事には欠落している。

 前年の貿易額が元旦には発表される「統計パリパリ(早く早く)」文化の国で、前年夏の調査結果が今ごろ出てくるのも不可解なことだ。

 記事によると、外国人が韓国人に対して抱くイメージは、「勤勉だ・誠実」「秩序・規律をしっかり守る」「活動的」など。

 正直、「肉体労働を蔑(さげす)み、約束を守らない不誠実」「基本的エチケットさえ守らない」「クレームを付けるときは活動的」の間違いではないのか、と問いただしたくなる。

関連ニュース