記事詳細

「赤木ファイル」を証拠採用へ 森友文書改ざん自殺訴訟

 学校法人「森友学園」をめぐる財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題で、2018年3月に自殺した近畿財務局元職員、赤木俊夫さん=当時(54)=が経緯をまとめた通称「赤木ファイル」が、妻の雅子さん(50)が国を相手に大阪地裁に起こした訴訟で、証拠採用される見通しとなった。国は地裁に提出し、雅子さん側に22日に開示した。

 ファイルには、財務省理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官(63)が国会答弁を踏まえたうえで、決裁文書を修正するよう直接指示したことがうかがえる内容のメールがあった。理財局が赤木さんら近畿財務局に送ったとみられる。

 「備忘記録」では修正について「理財局が全責任を負う」との記述や、近畿財務局側では局長だった美並義人氏の責任で対応するとの記載もあった。赤木さんが改竄の指示に「強く抗議した」とのメールもあった。

関連ニュース