記事詳細

【文政権の末路】“反日”煽ってきた自業自得 竹島地図に抗議し東京五輪「ボイコット」発言も…訂正しないまま参加すれば“メンツ丸つぶれ” (1/2ページ)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会のホームページの日本地図に、韓国が不法占拠している島根県・竹島が掲載されていることに抗議して、来年3月の韓国大統領選の与党有力候補3人が「東京五輪ボイコット」を訴えている。

 京畿道の李在明(イ・ジェミョン)知事は「明白な政治的挑発に対応した明確な行動が必要だ」と語り、李洛淵(イ・ナギョン)元首相も「五輪ボイコットを含め、断固たる対応を取るべきだ」と気炎を上げた。丁世均(チョン・セギュン)前首相に至っては、日本を「あいつら」「悪いヤツら」「偏屈で恥知らず」とまで罵倒して参加拒否を呼びかけている。

 大統領候補争いに勝つために、「反日」感情を利用した政治的発言とみられているが、大統領になるには「品格」も必要だろう。

 組織委員会のホームページを見ると竹島は肉眼では見えず、拡大して初めて見えるらしい。ただ、韓国社会世論研究所が6月中旬に行った調査によれば、回答者の70%近くがボイコットに賛成しており、文在寅(ムン・ジェイン)政権としても無視できない数字である。

 一方、北方領土4島は日本領として大々的に描かれている。だが、ロシアは一言もクレームをつけない。領土問題をオリンピックの場で問題にするほどロシアも愚かではないのだろう。五輪憲章に違反するだけではなく、日露の間に領土問題が存在することを世界に知らしめるからだ。

 「反日」意識が自家中毒した韓国では、感情に任せて盲目的に突っ走っているようだ。中国当局のウイグル人弾圧や、香港人の自由剥奪に抗議して、北京冬季五輪をボイコットするならまだしも、自国の小さな島を地図に書かれた(奪われた)と、針小棒大に騒ぎ立てて東京五輪をボイコットしても他国が共鳴するはずがない。

関連ニュース