記事詳細

【大前研一 大前研一のニュース時評】崖っぷちのトランプ氏、金庫番が出頭 逮捕なら歴代大統領44人中、最下位評価に (1/2ページ)

 米国ニューヨーク州控訴裁判所は先月24日、ドナルド・トランプ前大統領の顧問弁護士を務めたルディー・ジュリアーニ元ニューヨーク市長の州の弁護士免許を一時停止した。

 昨年の大統領選で不正があったなどとする発言を「明らかに虚偽かつ誤解を招きかねない発言」と認定し、「公益に対する差し迫った脅威」と見なした。資格停止は懲戒委員会による懲戒手続きが終わるまでとしている。

 この人は2001年の「9・11同時多発テロ」のときのニューヨーク市長で、その陣頭指揮する姿は「リーダーシップの固まり」とたたえられ、一時は大統領候補だった。それがいまではトランプ氏の使いっ走りみたいになってしまい、目も当てられないような状況。それ以上にまずいのが、コチラの件だ。

 ニューヨーク州マンハッタンの大陪審は先月30日、トランプ氏の一族が経営するトランプ・オーガニゼーションとアレン・ワイゼルバーグ最高財務責任者(CFO)を不正税務の罪で起訴した。05年以降、同社幹部に「帳簿外」の特典を与えることで税務当局を欺いたというもの。

 ワイゼルバーグ氏は1日、マンハッタン地区検察当局に出頭した。弁護士によると、同氏は無実を主張して争う構えだという。

 一方、検察当局の狙いは、ワイゼルバーグ氏と司法取引をすることだ。ワイゼルバーグ氏に「わかりました。全部明らかにしましょう。長い間、私はこんなに悪いことをやってきました」と言わせて、トランプ氏を摘発しようというわけ。トランプ氏の息子と娘もこの会社に関係しているので、トランプ・ファミリーともども一網打尽にしようと考えている。

関連ニュース