記事詳細

明治安田生命と埼玉県坂戸市が包括連携協力を締結

 明治安田生命保険と埼玉県坂戸市は15日、包括連携協定を結んだ。

 本協定は同社が企業ビジョンに掲げる「地域社会との絆」を深める活動の一環で、地域活性化と市民サービス向上を目的としたもの。

 同社は本協定の締結により、坂戸市が進める諸施策に対して、保険事業や社会貢献活動などを通じて培った知見やノウハウを提供する。また、同社が展開している「地元の元気プロジェクト」の一環として、同社の市内営業網や全国規模のネットワーク、および関係各方面との広範な連携を活用し、坂戸市とともに地域社会の発展に取り組んでいく。

 同日、坂戸市役所で行われた締結式には、同社の根岸秋男会長=写真右=と石川清坂戸市長=同左=が出席。坂戸市出身の根岸会長は本協定について「自社のリソースを最大限に生かして坂戸市のために頑張っていきたい」と意気込みを語った。

関連ニュース