記事詳細

米軍トップに「クーデター男」と叩かれたトランプが、「オレが昇進させてやったのに。左翼め!」と大激怒 (1/3ページ)

 ドナルド・トランプ前大統領の周辺がまた慌ただしくなっている。米軍100万人の頂点に立つミリー統合参謀本部議長が、今年1月6日のトランプ支持派による連邦議会議事堂乱入事件をクーデターと呼び、「トランプ氏がそそのかした違法デモは、1933年2月のドイツ国会議事堂放火事件と同じだ」と批判していたことが明らかになったからだ(同事件を契機にヒトラーは全権委任法を制定し、ドイツの議会制民主主義は崩壊する)。

 これに激怒したトランプ氏は長文のステートメントを発表。「嘘八百もいい加減にしろ! 私はクーデターを最も起こさない人間だ」「ミリーという男は左翼過激派分子がアメリカと星条旗を攻撃するのをただ見ているだけだ」と切って捨てた。さらに、「ミリーを統合参謀本部議長にしたのは、この私だ。マティス国防長官や前任のダンフォース統合参謀本部議長の反対を押し切ってしてやったんだ。ミリーほど国防総省で尊敬されていない人間はあまりいない」と激しい個人攻撃を加えた。

 ミリー氏の発言は、近く発売されるワシントン・ポストの2人のピューリッツァー賞記者が書いたトランプ本、『アイ・アローン・フィックス・イット』(俺にしか直せない)に出てくる。CNNや雑誌「ニューヨーカー」がすっぱ抜いた。ミリー氏は、乱入事件から数日後、軍・警察幹部を集め、「奴らはクーデターを計画しているが、成功はしない。軍や中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)の手を借りずにクーデターなど成功するはずがない。銃を持っているのは我々だ」と檄を飛ばしたという。

NEWSポストセブン

関連ニュース