記事詳細

【男性医学の父が語る オリンピックとセックスチェック】スポーツ競技での「性の平等」とは? 運動能力を考慮して公平性を保つため、ジェンダー平等論とは別次元の話 男性創造物語について理解が必要 (1/2ページ)

 コロナ禍で賛否両論うずまく中、「東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」が開幕する。

 掲げるテーマは「多様性と調和」の重要性。その言葉通り東京五輪では全33競技中、卓球ダブルス、競泳400メートルメドレーリレー、柔道の団体など7競技で男女混合種目が新設され、合計10競技で男女が力を合わせて競われる。まさにダイバーシティ(多様化)が進んでいる。

 しかし一方で、ほとんどのスポーツ競技は基本的に男女で分けられている。当たり前のように受け止めているが、それはなぜなのか? 今さら聞けないスポーツ競技での性差について考察していく。

 話を聞くのは、泌尿器科医の熊本悦明氏。男性医学の父と呼ばれ、91歳の今も現役。熊本氏は男性ホルモン=テストステロンが人間にどのような影響を及ぼしているか60年以上研究を続けている。1972年札幌冬季オリンピックでセックス・チェックの責任者を務めた人物でもある。

 「生物学的な男女の運動能力を考慮して公平性を保つために、スポーツ競技の種目は男女に分けられています。特にテストステロンはスポーツ能力に深くかかわっていて、意図的に筋力を増強するために使用すればドーピングと罰せられるのは、みなさんもご存じでしょう。つまり、スポーツ競技での男女の区別は社会的なジェンダー平等論とは別次元の話なのです」

 男女の性差を考えるには、まず男性創造物語について理解する必要があると熊本氏。

 そもそも人間の胎内でのスタートは誰もが女で、アダムとイヴの神話とは逆だ。女から男に創りかえるには、主に2つのステップがある。

関連ニュース