記事詳細

失踪のウガンダ選手を三重で保護  事情聴取にも時折涙 「生活が厳しい国に戻らない。日本で仕事をしたい」

 東京五輪の事前合宿で来日し、大阪府泉佐野市に滞在中に所在が分からなくなっていたウガンダ選手団の男性選手とみられる人物が20日、三重県四日市市で保護された。大阪府警が明らかにした。顔写真付きの身分証を所持しており、本人だと認めたが、府警は今後、ウガンダ選手団や大使館を通じ身元を確認する。

 所在不明だったのは、重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)。「生活が厳しい国に戻らない。日本で仕事をしたい」という趣旨の書き置きを宿舎に残し、16日から失踪していた。府警によると、16日に宿泊先のホテルに近いJR熊取駅(大阪府熊取町)からJR名古屋駅に向かい、名古屋市内で知人とみられるウガンダ人男性と合流。この男性の紹介で訪れていた四日市市で警察官が発見した。けがはなく、抵抗する様子もなかった。府警が経緯を聞く際、時折涙を見せつつ素直に対応しているという。

関連ニュース