記事詳細

【ジュリア・ミント プーチンの国より愛を込めて】不要なモノを努力して売る社会に閉口 (2/2ページ)

 窓口係の同調圧力的な営業に閉口した気持ちのままで銀行を後にし、スーパーマーケットに寄ってみると、先ほどの余韻なのか、目立つように明るくパッケージされた商品のひとつひとつが「こっちを見て! これを買って!」と問いかけてくるように見えてきました。

 これが現在私たちが住んでいる世界であり、その世界では、明るい商品パッケージのような笑顔の裏に不誠実や利己主義が隠れていて、結局、私たちは利益を求めるために、多くの役に立たないものの必要性を人に納得させるための努力をしているように感じました。

 そのような気持ちで商品を探してみると、何百もの商品パッケージの中に本当に自分が必要とするモノがないことに気づいた私は、空虚なままその場を後にしたのです。

 グローバル経済から発生した似通ったサービスとグローバルな同調圧力、そして、グローバルな価値観の共有まで私たちは従わなければならないのか。

 そんなことを考えてしまう今日この頃です。

 ■ジュリア・ミント 1994年ロシア連邦バシコルトスタン共和国生まれ。エカテリンブルクの医科大を経て、眼科医の資格を持ちながら日本人コンポーザー・トモキヒラタと共にノーザンスタイル・ダンスミュージック・ユニット“Crystal Mint”を結成。シンガーソングライターとして活動中。特技は英語、スキー。 (本文和訳-平田トモキ)

YouTube : https://www.youtube.com/channel/UC0sottqOcvDqpYRr5AX9PqQ

Website : https://crystalmint.info/

Instagram : https://www.instagram.com/crystalmintmusic/

Note:https://note.com/crystalmint

関連ニュース