記事詳細

ジャッキー・チェンの「共産党員になりたい」発言に香港・中国で批判の声 (1/2ページ)

 香港映画界の大スター、ジャッキー・チェン氏が中国共産党政権寄りの言動をすることは良く知られているが、チェン氏は7月8日、北京で「私は中国人になって光栄だが、共産党員がうらやましい。私も党員になりたい」と語った。しかし、この中国共産党を絶賛したチェン氏の発言は香港でバッシングを受けているほか、中国国内でもネット上で「ジャッキー・チェンは共産党員にはふさわしくない。身のほど知らずだ」などと批判するコメントが出ている。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」などが報じた。

 この発言は8日、北京で行われた中国共産党結党100周年記念座談会で飛び出した。チェン氏は「皆さんが共産党員であることを羨ましく思います。共産党は本当に素晴らしいと思いますし、共産党が言うこと、共産党が約束したことは、必ず数十年以内に実現されます」と語った。

 「私も共産党員になりたいです。ありがとうございます」と笑顔で付け加えると、会場内から万雷の拍手が沸き起こった。

 チェン氏の発言について、中国共産党機関紙「人民日報」傘下の国際問題専門紙「環球時報」は「香港エリートの共産党に対する理解は、ますます客観的、理性的になってきている」と好意的な論評を掲載している。

NEWSポストセブン

関連ニュース