記事詳細

タブレット端末のチャットでいじめか 東京・小6女児自殺 デジタル化構想で文科省配備

 東京都町田市立小学校に通っていた6年生の女子児童=当時(12)=が昨年11月に自殺し、同級生からいじめを受けていた疑いがあることが分かった。遺族が会見で明らかにした。文部科学省のデジタル化構想で児童に1人1台配備されたタブレット端末を使い、チャット機能を通じていじめが常態化していた可能性があるという。

 遺族らによると、女児は昨年11月30日、自宅の自室で死亡していた。遺書が残されており、クラスメートに仲間外れにされていたことなどへの悩みが記されていたという。学校側は当初、いじめとの因果関係を否定したが、今年3月に入り当時の6年生の保護者会を実施、いじめが自殺の一因となったことを認めた。

 遺族側の調査では、女児は4年生ごろには同級生からいじめを受けていた可能性があるという。この小学校では2019年4月、文科省の「GIGA(ギガ)スクール構想」に基づき、児童1人1台のタブレット端末を配備。遺族側は加害児童が、授業中などに端末のチャット機能で自殺した女児に対して「うざい」「死んで」などと書き込み、ほかの児童とも内容を共有していたと指摘した。

関連ニュース